neutral-gray_001

Neutral Gray

Lady's Luggage Shop
Kuramae, Taito
2019

Tag: ,

蔵前 服飾雑貨店舗

浅草観光勢力圏から少し離れて、昔ながらのダウンタウン産業が残るエリアの一つ。
かつて賑やかだった地域でも、産業構造の転換や入れ替わりに影響を受け、古くなってしまった業態は、抱える諸問題とりわけ後継者問題と昨今の地価高騰に煽られ、今まさに商売を畳む決断をして、高層階の建築に変貌している。
また一方で、通りを挟んだだけのエリアでは、元〇〇工場のような古い建物に惹きつけられたファウンダーに見出され活性化しているところもあって、ピンポイントで賑わっている。店舗の独特のシチュエーションと独特の商品がマッシュアップされてできた、古いエリア特有の自然治癒力だと思う。
ファウンダーは善玉なのだ。

さて、老舗袋物屋として、ここ蔵前で女性向けのバッグを製造販売してきた施主は、新しいブランディングに相応しい路面店をどのようにすべきかという、今まで到達し得なかった顧客層に届く店作りを目指してぼくらの力を必要としてくれた。
ならばそれに応えようと、ブランドサイト、ONLINE SHOPの構築から実店舗までやることにしたのだ。

いくつもの案が惜しまれつつ通り過ぎるなか、ぼくらが確信をもって見出したのは、やはり技術的な挑戦と洗練だった。ポピュラーな手法はもはや無用、ギンギンにやろうじゃないの、との決意から銀色は多めに。
金物のディーテイルやシェルフシステムは新たに考案、製作した。

施主 株式会社高屋
事業形態 服飾雑貨店舗
所在地 東京都台東区蔵前4-14-13
工事種別 設計、解体工事、軽鉄工事、建具工事、左官工事、什器工事、鋼製建具工事、塗装工事、電気工事、鏡ガラス工事、空調設備工事、サイン工事、防災工事、セキュリティ工事
床面積 24.7㎡
主要仕上材 壁1:躯体現し
壁2:LGS+PB+塗装
天井1:躯体現し
天井2:LGS+PB+モルタル
床:スラブ+クリア塗装
サッシュ:スチール+ニッケルメッキ
カウンター:天板/松無垢材、腰壁/スチールパネル
什器1:柱スチールメッキ処理+棚板スチール粉体塗装
什器2:脚スチールメッキ処理+天板オーク
info neutralgray.jp/
neutral-gray_plan neutral-gray_002neutral-gray_003 neutral-gray_004 neutral-gray_005 neutral-gray_006 neutral-gray_007 neutral-gray_008 neutral-gray_009 neutral-gray_010 neutral-gray_011 neutral-gray_012 neutral-gray_013 neutral-gray_014 neutral-gray_015 neutral-gray_016 neutral-gray_017