Care & Attention

Canvas

帆布製品のお手入れ

軽い汚れは、水で薄めた中性洗剤に浸した布を絞り、たたいて汚れを落としてください。
汚れによっては、消しゴムで軽く擦ると落ちる場合もあります。
強く擦りすぎると布を傷め、色落ちしますのでご注意ください。
洗濯は、縮み・色落ち・風合いの変化が激しくなるため、お避けください。
風合いの変化を踏まえた上で洗濯をする場合、次の点にご注意ください。

※取り外しのできる革パーツは外してください。
※外せない革パーツは、濡れないように保護して帆布部分のみ洗ってください。
※中性洗剤を使用し、手洗いしてください。
※水に濡れると生地に含まれる天然の油分が溶けて茶色いシミになることがありますので、すすぎをていねいにしてください。
※脱水後すぐに形を整え、しっかりとシワをのばし、風通しの良い場所で陰干ししてください。
※乾燥機は使用しないでください。

附属品の革は天然素材のため、水濡れ、摩擦などにより色落ちする場合があります。
濃色の生地は、強く擦ると色移りや色落ちする場合があります。
洗い加工をしている製品は、1点1点風合いが異なります。

保管する場合

直射日光の当たる場所は避けて保管をしてください。
湿気の多い場所での保管はカビやシミの原因になります。
長期間使用されない場合は、高温多湿の場所は避け、風通しの良い日陰で保管してください。

Leather

皮革製品はお手入れ次第で永く使用することができ、また愛着も湧きます。
各々の革に合ったお手入れをして、末永くご愛用ください。
革は天然素材のため水濡れ、摩擦等により色落ちする場合があります。

皮革製品のお手入れ

ほこりや軽い汚れはブラシや柔らかい布で拭いてください。
革用クリーナー、乳化性のクリームで拭き、乾いた後に保革用クリームを薄く塗り込んでください。

保管する場合

汚れたままや、湿度の高い所ではカビやシミの原因になります。
すみずみまできれいにし、型くずれしないように新聞紙などをつめて形を整え、風通しのよい場所を選んで保管してください。
カビは、汚れ・湿度・温度の3要素がそろうと繁殖しますので、それら1つ以上の要素を除けばある程度防ぐ事が出来ます。